読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pblog

pplog.net を作っている @ppworks こと越川直人(Koshikawa Naoto)のブログ。esa LLCで働いてます(\\( ⁰⊖⁰)/)

vimこと始め

チュートリアルを起動せよ

$ vimtutor

全部、やりましょう。

レッスン 1 要約


1. カーソルは矢印キーもしくは hjkl キーで移動します。
h (左) j (下) k (上) l (右)

2. Vim を起動するにはプロンプトから vim ファイル名 とタイプします。

3. Vim を終了するには :q! とタイプします(変更を破棄)。
もしくは :wq とタイプします(変更を保存)。

4. カーソルの下の文字を削除するには、ノーマルモードで x とタイプします。

5. カーソルの位置に文字を挿入するには、ノーマルモードで i とタイプします。
i テキストのタイプ カーソル位置に追加
A テキストの追加 行末に追加

レッスン 2 要約


1. カーソル位置から単語の末尾までを削除するには dw とタイプします。
2. カーソル位置から行の末尾までを削除するには d$ とタイプします。
3. 行全体を削除するには dd とタイプします。

4. モーションを繰り返すには数値を付与します: 2w
5. 変更に用いるコマンドの形式は
オペレータ [数値] モーション

それぞれ:
オペレータ - 削除 d の類で何をするか。
数値 - そのコマンドを何回繰り返すか。
モーション - w (単語)や $ (行末)などの類で、テキストの何に対して働きか
けるか。

6. 行の先頭に移動するにはゼロを使用します: 0

7. 前回の動作を取消す: u (小文字 u)
行全体の変更を取消す: U (大文字 U)
取消しの取消し: CTRL-R

レッスン 3 要約


1. 既に削除されたテキストを再配置するには、p をタイプします。これは削除さ
れたテキストをカーソルの後に挿入します(行単位で削除されたのならば、カー
ソルのある次の行に挿入されます)。

2. カーソルの下の文字を置き換えるには、r をタイプした後、それを置き換える
文字をタイプします。

3. 変更コマンドではカーソル位置から特定のモーションで指定される終端までを変
更することが可能です。例えば cw ならばカーソル位置から単語の終わりまで、
c$ ならば行の終わりまでを変更します。

4. 変更コマンドの形式は

c [数値] モーション

レッスン 4 要約


1. CTRL-G はファイルでの位置とファイルの詳細を表示します。
G はファイルの最下行に移動します。
数値 G はその行に移動します。
gg は先頭行に移動します。

2. / の後に語句をタイプすると前方に語句を検索します。
? の後に語句をタイプすると後方に語句を検索します。
検索の後の n は同じ方向の次の検索を、N は逆方向の検索をします。
CTRL-O は場所を前に移し、CTRL-I は場所を次に移動します。

3. (,),[,],{, もしくは } 上にカーソルがある状態で % をタイプすると対になる文
字へ移動します。

4. 現在行の最初の old を new に置換する。 :s/old/new
現在行の全ての old を new に置換する。 :s/old/new/g
2つの # 間で語句を置換する。 :#,#s/old/new/g
ファイルの中の全ての検索語句を置換する。 :%s/old/new/g
'c' を加えると置換の度に確認を求める。 :%s/old/new/gc

レッスン 5 要約


1. :!command によって 外部コマンドを実行します。

よく使う例:
(MS-DOS) (Unix)
:!dir :!ls - ディレクトリ内の一覧を見る。
:!del FILENAME :!rm FILENAME - ファイルを削除する。

2. :w ファイル名 によってファイル名というファイルがディスクに書き込まれる。

3. v モーションで :w FILENAME とすると、ビジュアル選択行がファイルに保存さ
れる。

4. :r ファイル名 によりファイル名というファイルがディスクより取込まれ、
カーソル位置の下に挿入される。

5. :r !dir は dir コマンドの出力をカーソル位置以下に読み込む。

レッスン 6 要約

1. o をタイプするとカーソルの下の行を開けて、そこで挿入モードになる。
O (大文字) をタイプするとカーソルの上の行で挿入モードになる。

2. カーソル上の文字の次からテキストを追加するには a とタイプする。
行末に自動でテキストを挿入するには大文字 A をタイプする。

3. e コマンドは単語の終端部カーソルを移動する。

4. y オペレータはテキストを yank (コピー)し、p はそれを put (ペースト)する。

5. 大文字の R をタイプすると置換モードに入り、を押すと抜ける。

6. ":set xxx" とタイプするとオプション "xxx" が設定される。
'ic' 'ignorecase' 検索時に大文字小文字の区別しない
'is' 'incsearch' 検索フレーズに部分マッチしている部分を表示する
'hls' 'hlsearch' マッチするすべを強調表示する
長い方、短い方、どちらのオプション名でも使用できます。

7. "no" を付与し、オプションを無効にします: :set noic

レッスン 7 要約


1. ヘルプウィンドウを開くには :help とするか もしくは を押す。

2. コマンド(cmd)のヘルプを検索するには :help cmd とタイプする。

3. 別のウィンドウへジャンプするには CTRL-W CTRL-W とタイプする。

4. ヘルプウィンドウを閉じるには :q とタイプする。

5. お好みの設定を保つには vimrc 起動スクリプトを作成する。

6. : command で可能な補完を見るには CTRL-D をタイプする。
補完を使用するには を押す。