読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pblog

pplog.net を作っている @ppworks こと越川直人(Koshikawa Naoto)のブログ

Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bay で最高のホスピタリティを味わった

インドネシアバリ島にあるフォーシーズンズ リゾート バリ アット ジンバラン ベイへ行ってきました。

入国

sunrise

インドネシア入国時に到着ビザが必要で、2014年7月30日現在は1人あたり$35が必要でした。この情報、H.I.Sで予約した時点では$25でしたが送られてきた資料には$35となっておりハマるところでした(現金でUS$じゃないとだめ)

$は予め銀行などで変えておくとよいでしょう。空港だと若干レートが悪いと思います。でも大した額じゃないので気にしないでヨサソウ。

インターネットの情報によると、インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省公式ページガールダ・インドネシア航空の情報は正確でした。インドネシア大使館の情報は古かったので残念ですね。

  1. 機内で入出国カードと税関申告書が配られるのでそれに滞在情報などを記載しておきます。
  2. 入国審査カウンター手前、「VISA ON ARRIVAL」と表示のカウンターでビザ代金を支払い、領収書を受け取ります。ここでは税関申告書は渡しませんがワレワレは大抵よくわからないので渡すと返してくれます。
  3. 入国審査カウンターにて、入国審査およびビザ発給。ビザシールが貼られます。ここでもまだ税関申告書は渡しませんがワレワレは大抵よくわからないので渡すと返してくれます。出国カードがパスポートに挟まっていることを確認しておきましょう。
  4. 荷物を受け取ります
  5. 税関申告書を提出します
  6. 両替所(銀行)があるのでそこでルピアに変えるのがヨサソウです。最低限、出国時の20万ルピアx2人分と滞在中にホテルのベッドメイキング時に渡すチップ(1人1万ルピアx滞在日分)用意します。あとは基本クレジットカードで済みますがクレジットカードを使いたくない場合は、ここで現金に変えます。
  7. DUTY FREEを通ったあとにガイドさんや偽ガイド・偽ポーターがわらわらいるエリアへ突入。ここで偽ガイドや偽ポーターに荷物を持っていかれると10万ルピアとか要求されたりするらしいので要注意。今回はH.I.Sの人がすぐ見つかったので良かったです。

H.I.Sのガイドさん

タクシーはメーターなかったりボラレたりするのでやめたほうがいいよとか営業トークに負けて、チャーターカー予約しました。結果的にはマニアックな店に行ったりしたので、タクシーより良かったと思っています。

到着

またこよ!開口一番に言ってました。到着してからずっとニヤけてました。やばかった。到着するカップル・ファミリーがみんな感動しているのが伝わるリアクションなの、すごくいいです。

lobby

outside

outside

部屋に到着するとハネムーン特典で、お風呂がフラワーバスになっていたり

flower bath

ケーキが置いてあったり

flower bath

なんなのって感じでした。

ヴィラの様子

バリの伝統的な建築様式を生かした建物に宿泊。石垣に囲まれた庭園内に建っていて、移動はすべてバギーを呼んで行います。「バギープリーズ」

そんなヴィラの様子。

room 1

room 2

room 3

room 4

room 5

毎朝、プールで目を覚まし、暑くなったらまた入ったプール。何故か部屋の掃除中に撮影したのでほうきの音が。

ヴィラの周りの石垣の様子。

outside 2

タマン・ワンティラン

インドネシア料理のレストラン。ジンバラン・ベイを眺める最高の立地。初日はたまたまライブ演奏があって異国に来たぞ!感がすごかったです。

taman wantilan 1

taman wantilan 2

ライブ演奏凄く良かったので、彼らのCD売ってないかないかホテルに問い合わせてみようかなと思ってます。

昼間の眺め。

taman wantilan 3

インフィニティ・プール

海との境界が無いようにみえるプール。美しい。海の方へ向かって泳ぐと海で泳いでいるかのように思える。素晴らしいプール。なのにあまり泳いでいる人がいなくて最高でした。

infinity pool 1

スンダラ

スンダラサンスクリット語で「美しい」という意味のレストラン。DJが常に演奏していて雰囲気も最高でした。カクテルは強かったので、ノンアルコールカクテル飲んでましたが美味かったです。

sundara 1

sundara 2

スンダラプールサイドバー

スンダラにはプールもついていて、プールサイドのシートはバーになってます。水は無料で、アイスもたまに無料で配ってくれます。7時から開いているとのことで午前から一番乗りで陣取り午後過ぎまで過ごしました。80m以上あるプールなので泳ぎごたえもあってよいです。

sundara pool 2

sundara pool 1

出国

sunset

インドネシア出国時には出国税の支払いが必要です。1人20万ルピア必要です。この情報もH.I.Sの情報が嘘で困りました。こちらもガルーダ・インドネシア航空の情報が正しかったです。もしくは現地のH.I.Sのガイドさんの情報も正しかったです。日本にいるH.I.S職員はなんの役にも立たなかったですね。はー。

海外なので空港はいるところから説明。

  1. 空港の出国入り口に偽ポーターなどはいないようで、安心して入れました。
  2. 入り口でH.I.Sから発行されているEチケットが必要なのでそれを提示して入ります。
  3. チェックイン情報を見ながらチェックインカウンターを探して荷物を預けてチケットをもらいます。
  4. 手荷物検査の手前で出国税の支払いカウンターがあるのでそこで支払い。このカウンターが素通り出来るようになっているので、忘れると支払いせずに手荷物検査を通りぬけ、次の出国審査カウンターで「戻れ」と言われてつらいです。必ず支払いを忘れないようにしましょう。現金で1人20万ルピア必要です。(そういうひとをみた)
  5. 手荷物検査をしてもらいます。
  6. 出国審査カウンターで出国カードとパスポートを提示します。行きの機内で書いた入出国カードの出国分がパスポートに挟まっているはずです。
  7. 無事、出国ロビーへ到着
  8. 出発時のゲートがチケットに表示されておらず、出発情報にも載ってなくてつらかったのですが、そこら辺の職員に聞いたら教えてもらえました。

出国の流れがよくわからなかったり、情報の掲示も日本に比べると雑なので、わからないことがあれば積極的に職員に聞かないとだめですね。なので、テキトーな英語はしゃべれると便利です。

思ったこと

iPhoneの設定、インドネシアでモバイル通信する予定がないなら、「モバイル通信をoff」もしくは「海外ローミングoff」にしてから出国すると便利です。しないで入国するとその国のキャリアに接続するサービス(少なくともauにはあった)があるみたいで、びっくりしました。ホテル滞在中はチェックアウトするまでは無料でwifiが使えます。

リゾートホテルでは外出しないでリゾート内を楽しむのがオススメです。タクシーで出かけてもいいけどホテルのフロントにホテルのチャーター頼むのが安心かもしれません。H.I.Sは高いです。用意するお金をまとめておくと、以下がオススメ。

  • 日本で両替していくドルは出国時の$35 x 人数分
  • インドネシア到着時に両替するルピアは(40万ルピア x 人数分) + (滞在日 x 1万ルピア札) x 人数分

その他の支払いはすべてクレジットカードで良いと思います。リゾート滞在中はすべてルームナンバー伝えるだけでよく、チェックアウト時に支払いなので楽です。

SPAに関してもH.I.S経由で支払いも出来ますが、現地支払いの方が安いようです。一度間違えて現地でも請求書が来てしまったのですがその金額の方が安かったので、「日本で払ったよ」と伝えないほうが良かったのではと思うほどでした。ちなみに請求書は滞在中の最終日の前日に仮のものが届きます。今回は間違えがあったので英語で伝えました。拙い英語でも伝わったのが嬉しかった。英語で何かをお願いするとか、割と何とかなるので基本現地でコミュニケーション取ったほうがよいなーと痛感しました。

実はプールサイドバーにないメニューとかも頼めば持ってきてくれるとか、コミュニケーションがもっと取れれば味わえる裏ワザというか更なるホスピタリティを体験出来たり、英語ちゃんとがんばりたいです。

滞在中、ホテルの人とまともに会話できないのは日本人だけだなあと感じてて、やっぱり英語話せるようになるべきだな―と思いました。でも拙い英語でも頑張って話してみたり、インドネシア語をいくつか覚えて話たりすると楽しかったです。今回みたいなリゾート滞在でも良いサービスしてくれる人たちともっと話せたら更に最高の体験出来るだろうなと思いました。

ゆったりとした時間の流れの中で何も考えないでボーっとしたのは大きかったです。どうも自分にはおおらかな心の余裕的なモノが足りないなーと感じていたのと何もしていいないと罪悪感を覚えるという癖があるのでたまにはゆっくりするのもいいなと思いました。あと何事も焦らないでいいよという気持ちになれたのはよかったです。

ネムーンにはぴったりの大満足のリゾート地でした。5年後にはまた必ず来たいと思える場所です。またこよ!

入国・出国周りや滞在中のtipsがネットにあまりまとまってなかったので記事にしました。Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bayに滞在予定、インドネシアに入国予定のひとのためになれば、と思います。

るるぶバリ島'15 (るるぶ情報版海外)

るるぶバリ島'15 (るるぶ情報版海外)

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5 レンズキット ホワイト E-PL5 LKIT WHT

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5 レンズキット ホワイト E-PL5 LKIT WHT