読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pblog

pplog.net を作っている @ppworks こと越川直人(Koshikawa Naoto)のブログ

trelloのboardにwebhookを登録する

雑なWebhook Docsの先にあるAPI referenceも、そっすね、という感想しか湧かないドキュメントで、まあ読めば分かるだけどさって感じ。

てなわけで、どう考えても忘れるので、Webhook登録するだけの作業をまとめておく。

ちなみに、この作業では、https://github.com/jeremytregunna/ruby-trello を使う。

gemをinstall

cd ~
mkdir setup_trello_integration && cd setup_trello_integration
bundle init
echo "gem 'ruby-trello'
gem 'launchy'" >> Gemfile
bundle

下準備

bundle exec irb
require 'trello'
Trello.open_public_key_url # API key が表示される以下で渡すkeyはコレ
Trello.open_authorization_url key: 'yourpublickey'
exit

Trello.open_public_key_urlで表示される画面はこんな。ここのKEYを使うので覚えておこう。

f:id:naoto5959:20160402003946p:plain

Trello.open_authorization_url key: 'yourpublickey'で表示される画面はこんな。OAuthのアレ。よろしければ、Allowを。

f:id:naoto5959:20160402003958p:plain

TOKENが表示されるので、こやつを後で使う。

f:id:naoto5959:20160402004008p:plain

webhookを作る

環境変数に、先ほど最初に取得したKEYと最後に取得したTOKENを指定。

echo "export TRELLO_DEVELOPER_PUBLIC_KEY=************************\nexport TRELLO_MEMBER_TOKEN=*********************************************" > .envrc
direnv allow
bundle exec irb
require 'trello'

Trello.configure do |config|
  config.developer_public_key = ENV['TRELLO_DEVELOPER_PUBLIC_KEY']
  config.member_token = ENV['TRELLO_MEMBER_TOKEN']
end

board_id = Trello::Board.find('****').id # TrelloのURLの`/b/:board_shortlink/*`の:board_shortlinkの部分でboardを探す

callback_url = 'http://example.com' # 普段はPOSTで来るが、Webhook登録時はHEADに200を返すようにしておくこと。
webhook = Trello::Webhook.create(callback_url: callback_url, id_model: board_id)
webhook.id # 設定変更したい場合などに使うのでメモっておく

コメントに書いたとおり、受け側のwebhookは初回だけHEADリクエストに200を返す必要がある。なんなの。

わからん

webhookのid忘れたらどうなっちゃうわけ?