読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pblog

pplog.net を作っている @ppworks こと越川直人(Koshikawa Naoto)のブログ

pplogがキッカケで形になった本があるらしい #わかばちゃんと学ぶwebサイト制作の基本

pplog

pplogがキッカケ?

まじかよッて感じでずっと楽しみにしていた本がやっと届いた!

ので読みました。読みながらの感想はツイッターに書いてたのでその辺を適当に貼っておく。

まとめ

Webデザインという単語は、知っていて何となくカッコイイし興味を持っている人が、Webサイト制作〜運用までの一連の流れを知る取っ掛かりとしては、すごく良くまとまっていると思った。

Webサイトを作る目的をマーケティング視点で考えてからサイトを作り始める流れもちゃんと押さえつつ、最後には運用時のマーケティングにも触れててヨカッタ。

もしかしたら、子供とかにお父さん(やお母さん)はこういう仕事しているんだっていう説明をザックリする時とかにも良いかもしれない。

たぶん、インターネットの事業会社でもクリエイター以外の人がザックリとインターネットのシステムがどうやって動いているのかなどを知る意味でもスゴくいいなと思った。つまりウチの会社とかでもオススメできる内容かなと思ったのと、湊川さんがこの本を引っさげて新人研修の導入とかしに行くとかいう未来も見えた。ヨサソウ。

随所に割と大事なことがサラッと書いてあって、例えばノンデザイナーズ・デザインブックに書いてあるようなこと。割と頭の中でこうやって整理して理解するわな、みたいなことを綺麗にとめてて、ポイント高い。図解が多いのも、そういう理解するときにこうやるよなーという図が最初から書いてある。だからサラッとしてるのにスッと大事なことが入ってくる。

pplogってのは、

自分の思いを好きなように書ける場所が欲しい。 引用元: 俺たちのゆるふわインターネット「pplog」 をリリースしました(してました) - 納豆には卵を入れる派です。

という想いで作った なので、そこで何か思考が整理されたり、何かを始めるキッカケになったり人生の何かが変わるってのはは自分自身でも本当によくある。自分の作ったそういう場所で同じ想いを感じてくれたことがただ純粋に嬉しい。pplogでポエム書いたおかげでナニカを始めようと思った、みたいなことがただただ嬉しい。ありがとう。

Rubyちゃんが登場してたので、Railsちゃんを見てみたいな。「わかばちゃんと学ぶRuby on Rails」だな。

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本