pblog

pplog.net を作っている @ppworks こと越川直人(Koshikawa Naoto)のブログ。文体は日によって違う。esa LLCで働いてます(\\( ⁰⊖⁰)/)

ツイッターを情報収集だけに利用する

  • Officialアカウントを中心にフォローした鍵垢の「情報収集アカウント」を作成する
    • フォロー申請は受け付けない
  • リツイートの多いアカウントは「リツイートを非表示」または「アンフォロー」する
  • 特定のキーワードを数十個ミュートに登録する(ここが大事)
    • 主語が大きい話題が出がちなワード
    • 不特定多数からの承認欲求を求めるワード
    • 差別系のワード
    • 政治系のワード
    • 時事ネタのワード
      • 目にして不快に感じたらすぐに登録
  • メモしたいツイートのみ「いいね!」する

どうしても必要な情報公開は別のアカウントで行うことにして、普段は「情報収集アカウント」でログインして閲覧のみを行う。

本当に信頼できる情報は有料のオンライン・サロンで信頼できる有識者から得る。

これで、情報に溺れることがだいぶ減る用に思える。

距離感の誤りに気をつける

車の中で話すような会話って、そこらへん歩いている人に向かって大声でするか?

って考えると No だ。

利用層が一定の層を超えてしまったSNSでは、パーソナルな場所で交わされるべき会話がパブリックスな場所に対して大声で発せられているようなものだと思う。他者とは、ある程度の物理的な距離感があるからこそ発していた言葉が、誤って意図しない相手にまで届いてしまう。


親しい間柄となる前に、その人に認めてほしいと思うことってあるだろうか?

これも No だ。まずはお互いの人となりを把握しあうのではないだろうか。

不特定多数から簡単に承認要求を得るためのツールとして、SNSを利用すると、他者との段階的な関係構築が築かれるのを飛ばして、擬似的な関係性が築かれたような錯覚を得てしまう。結果的に、関係性の距離に違和感が生じる。それは、親しさの誤り含んだ距離感を生んでしまう。


物理的な距離が分かりづらい世の中では、人との物理的・関係的な距離感の誤りに気をつける。

上映から一年ほど経ってもう一度観た『デイアインドナイト』は印象が違っていた

作品に触れた際のコンテキストによって受ける印象が変わる。映画や小説、音楽、どんなエンターテインメントでも同じかも知れない。

善と悪はどこからやってくるのか

最初観たときにには、その答えが分からなかったんだけど、二度目は分かった。

自分の正義を振りかざすことについて

思いを馳せる際、最近は「あ、『デイアインドナイト』事案だ」って思うようにしてる。自分が危うい時もそうだし他人がそう振る舞っているときにも。

www.youtube.com